突然のタイヤのパンク!応急処置の方法は?

パンク

予期せず車のタイヤがパンクしてしまった際は、事故や周りへの迷惑を防ぐために、速やかに処置をする必要があります。

まず、走行中にパンクした場合、そのまま走り続けることは絶対にやめましょう。車の部品に損傷を与えたり、発火することがあります。
一般道路の場合、ハザードランプをつけて、路肩等安全な場所に停めます。高速道路では、サービスエリア等に行けない場合は十分注意して路側帯に停め、発煙筒と三角表示板で周りへ注意喚起をしてからロードサービスに連絡します。危険なので外での作業は絶対にしないようにしてください。
また、釘などを踏んでパンクしてしまったときは、すぐに抜いてしまうと全く走行ができなくなってしまい、大掛かりなレッカーが必要になることもあります。すぐには抜かず、方針が決まってから対処するようにしましょう。

自動車工場

ロードサービスを利用する場合、契約内容により対応範囲が異なるので、詳細を確認してから連絡するようにしてください。また、場所によっては到着までにかなりの時間を要することがあります。ロードサービス以外にも、自動車工場や専門店が対応してくれる場合もあるので、状況に応じて近隣の店に連絡してみましょう。

その他、自分でできる対処法として、スペアタイヤに交換する方法があります。昔の車にはテンパータイヤと呼ばれるスペアタイヤ(応急用タイヤ)が備えられていました。このような応急用タイヤの備えがあり、さらにジャッキ等を積んでいる場合は、自分で交換することができます。ただしこのタイヤは応急用なので、走行性能はあまりよくありません。 あまりスピードを出さずに走行し、なるべく早めに新しいタイヤに交換してください。

修理キット

もう一つ、自分でできる対処法としては、修理キットを使うという方法があります。パンク修理キットを使えば、タイヤ交換をせずに応急処置として穴を塞ぐことができます。パンク修理キットは、補修液と簡易エアーコンプレッサー(空気入れ)で構成されています。パンクした穴に補修液を全量流し込み、付属のエアーコンプレッサーを使いバルブから空気を入れるだけで、走行が可能になります。この場合も、なるべく早く新しいタイヤに交換するようにしましょう。

近年、パンク修理キットを元から備えている車は多くなりましたが、備えが無い場合も比較的安価で購入できるため、1つ車に積んでおくと万が一のときに安心です。