プロ並みの洗車を行うための洗車の手順とテクニック

洗車には適切な用意が欠かせません。
専用の洗車シャンプー・ウィンドークリーナー・バケツ・ホイールブラシ・マイクロファイバータオル・ウォッシュミット(拭き上げや磨き作業ができるミット状の道具)などが必要です。
そして車体を保護するためのワックス、できればポリマーシーラントも用意しましょう。

流水で流す

洗車を始める前に、まず車体を流水で洗い流しましょう。これにより、大部分のゴミやほこりが取り除かれます。次にホイールとタイヤを専用のクリーナーで洗浄します。
頑固な汚れはホイールブラシを使って丁寧にこすることがポイントです。洗車の際には上から下へ向かって洗っていくことが大切です。ウォッシュミットをシャンプー水に浸し、洗車しやすい部位から始めます。
なるべくバケツは汚れ落とし用とシャンプー水用とで2つ用意し、ウォッシュミットを頻繁に洗浄しながら車を洗うようにするとよいでしょう。

エンブレムの洗浄

エンブレム・グリルなどの細部も注意深く洗浄してください。
ウォッシュミットではうまく汚れを落とせない場合は、細い筆やスポンジを使って丁寧に汚れを取り除くとよいでしょう。細部にこだわることが、美しい仕上がりへの近道です。
シャンプーが終わったら流水で車体全体をよく洗い流します。シャンプーが残ると曇りの原因となります。残らないようにしっかりと水洗いしましょう。
車体を乾かす際はマイクロファイバータオルを使います。優しく押さえるように拭き取ることが、車体にキズが付くことを防ぐコツです。
また、窓も忘れずにクリーニングしてください。ガラスクリーナーを使用して、油膜をきれいに拭き取ります。

ワックス

最後に、車体を保護し光沢を向上させるため、ワックスやポリマーシーラントを塗布します。製品の指示に従い、丁寧に仕上げましょう。
以上の手順とテクニックを実践することで、洗車の仕上がりがプロ並みになります。

大切な愛車を美しく保ち、長く乗り続けるために、定期的な洗車を心掛けましょう。