本革シートのお手入れ方法は?

本革シートのお手入れには、掃除機と柔らかいタオル、専用のお手入れ用品を使用します。

車の本革シートには、家具などに使用する家庭用の革製品クリーナーを使うのは避けてください。
車の本革シートの表面には、樹脂コーティングされているケースがほとんどです。ツヤ出し効果のある革製品クリーナーを使うと、シートのコーティングを傷つけたり、変色させてしまう可能性があるので注意が必要です。まずは掃除機を使って、砂利などの汚れを取り除きます。

本革シートのお手入れ

固形の汚れが残ったまま拭き始めると、本革シートを傷つけてしまう可能性があるからです。シートの隙間まで入念にきれいにしましょう。ハンディタイプのホウキやチリトリがあれば、掃除機で吸い取れなかった細かい汚れを取り除きましょう。固く絞った濡れタオルで優しく拭いていきます。
ただし、パンチングレザーシートなど一部の本革シートは、水拭きすると内部に水が浸透してシートが劣化するので、水拭きをするのはやめましょう。

水拭きして良いシートなのか確認

車を購入する際に、水拭きして良いシートなのか確認しておくと安心です。水拭きが終わったら、乾いたタオルでしっかり水分を拭き取ってください。その後、シートを自然乾燥させます。車のエアコンを使って乾燥させると、革が縮んでしまうので避けるのが無難です。
水拭きだけで汚れが完全に取れないときは、本革シート専用のお手入れ用品を使用しましょう。本革シート専用クリーナーを柔らかいタオルにつけて、優しく拭いていきます。

本革シート専用のクリーナー

本革シート専用のクリーナーを使う場合は、シートと一緒にハンドルやシフトノブカバーなど本革製のパーツもメンテナンスすることをおすすめします。本革シート専用クリーナーを使っても汚れが取れない場合は、強く擦ってシートを傷める前に専用業者にクリーニングを依頼することをおすすめします。
なお、本革シート専用クリーナーであっても、頻繁に使用すると本革への負担が増えてしまうので注意が必要です。定期的に水拭きを行い、汚れがこびりつかないように気をつけましょう。