子供の頃に憧れていた車種に乗る大人になる

スポーツカー

子共の頃に憧れていた車種を手に入れる大人は、決してカーマニアの間では珍しくありません。
「学生時代にカー雑誌で見たスポーツカーに衝撃を受けた」や「好きなアニメキャラの愛車に憧れていた」等、こんなエピソードはむしろカーマニアの間では、あるある話でしょう。やはり子供の頃に初めて見たスポーツカーや高級ブランドの車種のインパクトは、ずっと心のどこかに残り続けるものです。

きっかけ

三つ子の魂百まで、ではありませんが、そもそも人の趣味嗜好は年齢を重ねても、根本的な部分はあまり変わらないかもしれません。
幼稚園の頃からスポーツカーの玩具が好きだった子供は成長しても、やっぱりスポーティな海外の車種に憧れを抱きやすいものです。また子供と言っても小学校高学年や中学生の頃になると、憧れのアニメキャラやインフルエンサーの方々の愛車について自分で調べられるようになります。
自分の「推し」が乗る車種にはだれしも自然と興味関心が湧くものです。特に最近ではネット検索や図書館などで、簡単に車種の情報は調べられます。

貯金

子供の頃は無理でも、社会人としてキャリアを積み重ねていけば、経済力が付きます。車があれば行動範囲が広がりますし、通勤や普段の買い物も楽になります。
地域によっては車が生活必需品レベルですし、同じ車を自分用に買うなら、やっぱり子供の頃からずっと憧れていた車種を優先的に選びたい、それはとっても自然な流れです。学生時代は高嶺の花だと思っていた車種も、社会人になった後、真面目にコツコツと貯金を続けていけば、案外スムーズに手に入れられる事もあるでしょう。

高級車の場合はなかなか若手社員にとってはハードルが高いですが、それでも子供の頃の憧れの車種をいつか手に入れたい、という夢を抱く事は働く上でモチベーションとなります。
ずっと憧れ続けた念願の車種を手にする喜びは言葉にできませんし、カーマニアにとって素直な夢を抱いて仕事や家事を頑張る事はこの上なく尊い活動でしょう。