ドイツ車は多くの日本人に好かれている

ドイツ車

ドイツ車は、高級感のあるボディや安定的なハンドリング、アクセルやブレーキの反応が良いといった様々な魅力があり、長年にわたり幅広い年代の日本人に親しまれています。
また、高速性能の点では他の国々の有名メーカーの車を凌いでおり、仕事やプライベートで高速道路をよく利用する人々にとって長時間の運転に耐えられる車として浸透しています。

日本の車市場でのドイツ車の売り上げが好調な理由としては、見た目や性能など車そのものが優れているのはもちろんのこと、輸入代理店を通じたプロモーション戦略も大きく関わっていることが挙げられます。

ドイツ車のメーカー

ドイツ車のメーカーでは、日本のマーケットを世界的なシェア拡大のための重要な場として位置づけ、輸入代理店と協力をして新車の販売イベントを活発に行ったり、企業経営者やコアな顧客を対象とした試乗会を開いたりと有意義なキャンペーンを行っていることが多いです。
また、多くの日本の有名な歌手やタレント、スポーツ選手などがドイツ車を愛用していることをテレビ番組やインターネットを通じて公言していることもあり、車に詳しくない人の間でもドイツ車が高級車の代表格として定着しています。
日本における売り上げが好調なドイツ車のメーカーにおいては、古くからの提携関係にある輸入代理店に任せるだけでなく、日本法人を設立して独自の販売戦略を取るところも。

ドイツ車のメーカーの課題

特に、一台あたり一千万円以上の高級車を扱うドイツ車のメーカーでは、日本の顧客を対象としたアフターサポートのさらなる充実が課題となっています。
新車購入後に長期間のアフターサポートを提供することで、アメリカやイタリアの大手メーカーとの差別化や、顧客離れの防止に繋がることが期待されています。
ドイツ車のメーカーによっては、日本国内に自社の車のみのメンテナンスに対応する整備工場を設けたり、修理依頼の内容についてドイツの本社とデータを共有したりと、日本での顧客満足度の向上を目指そうとする動きも活発です。