車のバッテリー上がり時の対処方法はこれ!してはいけないことも解説

バッテリー上がり

車のバッテリー上がり時は、まず本当にバッテリー上がりが発生しているのか確かめるのが先決です。エンジンをかけてみて、セルモーターが回転しない(音だけ鳴るなど)なら、バッテリー上がりの可能性があります。
さらに、キーを差して電装品が作動するかどうかも確かめてみてください。通常はエンジンをかけていなくても、キーを差せば電装品は使用できます。キーを差しても電装品に反応がないようであれば、やはりバッテリー上がりの可能性が高いでしょう。

バッテリー上がりの注意点

なお、バッテリー上がりの疑いがあるとき、やってはいけないのが何度もエンジンをかけようと試みることです。バッテリー上がりは、何度かトライすれば再度エンジンがかかるということはまずありません。
むしろ、エンジンがかからない状態なのにエンジンを無理にかけようとすることで、さらにバッテリーに負荷がかかり続けます。また、バッテリー上がりの疑いがあるとき、取り敢えず少し放置して再度バッテリーをかけなおす、などの行動もNGです。バッテリー上がりは、時間をおいて自然に直るようなこともありません。時間が経ってしまうとバッテリーの状態はさらに悪くなります。
バッテリー上がりは気が付いたらできる限りスピーディな対処が必要です。適切な対処方法を取らないと、車の傷みにつながるので注意しましょう。

対処方法

対処方法としてまず挙げられるのは、応急的にエンジンをかけるというもの。
具体的には、他の車から電気を分けてもらうジャンピングスタートという方法でエンジンをかける、ジャンプスターターという小型のバッテリーでエンジンをかけるなどです。ただし、これらの方法は救援車を呼べるか、手元にジャンプスターターがあるか、いずれかの状況でないと使えません。
自分でエンジンをかけるのが困難な場合は、ロードサービスに連絡する方法もあります。電話やメールなどで連絡をすれば、現場までスタッフが駆け付け、エンジンがかかるよう対応してくれます(ただし有料です)。